漂遊する脳髄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スタイルの確立

・・・について思いを巡らせている。


最近アメリカのドラマ『Criminal Minds』にハマっているのだけれど、
エピソードのひとつで、殺人衝動を抑えられなくなった若者が
自分の満足する(殺しの)スタイルを確立するまで、
歴史的な殺人犯たちの殺害方法を模倣する・・・というのがあった。

その「自分のスタイル」という部分に引っかかって、
己の絵について考えてしまったんである。
どういうキッカケだ。


これは誰それの作品である、
と分かるのは、その作者の持ち味によるだろう。

それは線のタッチであったり色調であったり、はたまた人物の
顔であったりするだろうけれど、ひと目で誰の作品か識別できる
というのは大切なことだと思う。

んで、果たして私にはそれがあるのか?

これが問題。

自分でもよく分からない。

毎回同じ画材で同じ技法を使って絵を描くでもなし、
タッチだってそう特徴があるとも思えない。
<私の絵かどうか分からない>ということは、
<私の絵でなくても構わない>ということなわけですね。
これは凹む。

大昔には、どんな絵柄を自分の線として描いてゆくのか
真剣に悩んだこともあったなぁ・・・(中学生くらい)。
いつの間にか自分の「持ち味」が分かった気になってたのかなぁ。
いや、単に追求するのをさぼってたんだろうな。。


・・・そんなわけで、最近は一枚描く度に

他の人の絵と混ざっていたら、知り合いはこの絵が私のだって
判別できるかなぁ(;_;)

と、気弱になる私;


私も様々な先人(絵描き人)達を模倣してみたらよいであろうか。

唯一有利なのは、私がいくら模倣や模索してみたところで
前出の若者のように犯罪にはならないことである。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

久しぶり~v-238
元気に書いて・踊ってますかぁv-236

「自分のスタイル」を見つけよう、極めようと
皆,日々精進しているのですよね。。。

ダンスもそうです。仕事もそうかな。
『私らしさってなんだろう』と鏡を見ながら踊るけど、
らしさを人に伝えるには、より高いテクニックが必要なんだよね。

今月の末に、まりこせんせーのところに行くつもりですv-218

Rio | URL | 2011年06月10日(Fri)14:09 [EDIT]


→RIOさん

お久しぶりです~i-237
お元気ですか?
コメントの御返事遅くなってごめんなさい;

最近は・・・まあまあ描いてはいるのですケド、
あまり踊れてないですーe-259
真理子せんせーのくらい・・・
また是非顔出して下さいね~!
お待ちしてますi-178

自分の特徴って難しいですよね・・・
絵に関して言えば、「描きたいという気持ちに
動かされてがむしゃらに描いているうちに、
自然と持ち味が周りの人に認識されている」というのが
個人的には理想なんですけど(笑)
あまり戦略的に個性を主張するっていうのじゃなくて。。

でもそれが可能なのって、一部の天才だけかも
しれないですね~i-229

aya | URL | 2011年06月13日(Mon)01:06 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。