漂遊する脳髄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

久しぶりに映画館に行きました。

あの地震の後、余震もなかなか収まらない不安から
ずっと映画館から足が遠のいていましたが、
久しぶりに映画が見たくなって行ってきました。

見たのは『エンジェル・ウォーズ』。

監督は『300』のザック・スナイダー。

結構ボロクソに言われていた『300』ですが、あの映像美、
特に戦闘シーンは個人的に好きなんです(^_^;)

そんなわけで『エンジェル・ウォーズ』。

見終わった直後の素直な感想は、


・・・何がしたかったのだ、ザック・スナイダー。



とある冊子のストーリー紹介には、
”暗い現実から逃れるために想像の世界を作り出したヒロインが、自由を
手に入れるために幻想的な戦いに挑むアクション・ファンタジー”とあります。
確かにそうとしか言いようがないのですが、なんか、なんというか、

女の子の格好良い戦闘シーンが撮りたかったのかな?

と思えば、全てオッケーな感じがいっそ清々しい(笑)

いやー、このバトルシーン作る時、ワクワクしたんだろうなー。
役者の戦う時の動きとか、こだわりがあるんだろうなー。
と勝手に想像しながら見ると、妙に「分かる分かる!」って
気分にもなる。

現実世界を描いている時の映像は、やはり例のダークで濃密な空気を持った
重いトーンで美しかったです。
戦闘シーンの時は、どちらかというとフルCGのゲームを思わせました。
カットの繋ぎ方とかも・・・。
と言っても、私自身ほとんどゲームをしないので、時々目にする
ゲーム画面と比較してのことなのですが。

また、現実世界と”現実にあり得そうな”世界よりも、サムライの化け物(?)や
ドラゴンが跋扈する想像の世界のほうがまだしもマシに思えるのは
随分皮肉なことだと思う。


・・・等々、いろいろな面から捉えようとしてみたのですが・・・
何がしたかったの、ザック・スナイダー?(^_^;)
現代の少女達に「強く生きろ」とエールを送りたかったのかな。
エンドロールの、あの本編と関係あるのか無いのか分からない映像は
どういう意味だったのだろうか。。
あと、主人公(ベイビー・ドール)がギャル●根に見えて仕方ないよ・・・。

後味が良くも悪くもない、なんだか狐につままれたような
珍しい作品ではありました(笑)


作品中に使用されていたWhere Is My Mind - Yoav Feat. Emily Browning
Bjork「Army of me」のリミックスバージョンなど、曲は結構ツボ♪

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

(^O^)ギャル曽*か、、確かに、、まだ観てないけどすごく観たい映画だよね、、今会社のPCの壁紙になってる、、
そんなにダメだったか?
じゃ、新スーパーマンに期待しようかな、
多分筋肉もりもりの男の映画なら得意だよ、、

キム | URL | 2011年05月18日(Wed)20:49 [EDIT]


→キムぴょん

ダメではないと思うんだけど~・・・何を期待して
見に行くかによるのかなー?
でもキムぴょんはゲーム関係の仕事だし、映像や
人物の動きは見てみて損はないんじゃないかなi-179
あと、

ギャル*根が食べてない!!!

とか、そういう楽しみ方?(笑)

セクシー少女戦士より筋肉もりもり男ですかっ?e-440
あたしはセクシー美女のがよいわあ。。

aya | URL | 2011年05月18日(Wed)23:18 [EDIT]


エンジェル ウォーズ観ましたよ。
確かに、何が言いたいのかは曖昧だね。

でも僕は同感したよ。
まあ、僕も辛い時や苦しい時よく一人で空想しながら過ごしたから、、
よく分かる、、、

それと、もはや映画も人の夢や空想を視覚化できるようになったね。
夢などは説明できないし、
いい夢もあれば悪夢もあるし、

これが俺の夢ですけど何か?

と言ってるんだね。

だったら金取るなってことだよね。(^-^)

人の夢を金払って観るSFの世界になるんだろう、、これが未来か、、

僕は面白かったよ。けっこう好きだな、、

キム | URL | 2011年05月27日(Fri)20:54 [EDIT]


→KIMぴょん

おお、見ましたか!(^o^)/

たぶん、この夢の世界観に同調できるか、それ以前に自分が
「もうひとつの世界」を持っているかどうかによって
感想がずいぶん分かれそうだよね。。

一般的な映画にある”山”や”オチ”を期待して見ると、
「???」
ってなりそう。

私もしょっちゅう夢想に逃げ込むので、この映画が何を
描いているのかはよく分かるんだけど、
無意識のうちにオチ的なものを期待してしまったのかも~。
例えば主人公が最後に間一髪で助かって、誤解が解けて
自由の身になれる・・・みたいな(笑)

しかし映像の発達は目を見張るものがあるよね。
もう映像化できないものは無いんじゃないか、
ってくらい・・・(^_^;)

そんなに高くなければ、他人の夢も覗いてみたいな、私www

aya | URL | 2011年05月30日(Mon)18:58 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。