漂遊する脳髄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

特に意味のない覚え書き

中古品といえば本とCDをよく物色する。

大型店舗などに足を踏み入れようものなら
あまりに熱中しすぎて頭痛を起こすくらいお手のものだが、
店の本棚を眺めていると「こんな本あるんだー」と感心する本が
いろいろとある。

この間は、とあるお店でアロワナの専門雑誌を
何冊も見つけた。
結構豪華な造りで、定価はかなり高額だったと記憶している。

購読者はどんな人達なのだろう。
アロワナが大好きだけど、なかなか飼えなくて悶々としている人か?
それとも家でアロワナ飼育に余念がない人がメインなのか??

ピンポイントで「これが好き!!!」っていう人は、どこにでも
どんな分野にでもいるものだなぁと感慨深くなりました。
・・・アロワナ・・・。

私もシーラカンス好きだけど、シーラカンスの専門誌は購読しないと思う。


さて次はCDの棚に移動しまして。。。
私が見る時がたまたまそうなのか分からないけれど、中古CD(洋楽)は
かなりマイナーなアーティストのものか、でなければ一時期大量に売れた(であろう)
有名なアルバムがよく売りに出されている気がする。
一昔前で言ったらME&MYとかSHAMPOOとか・・・。
(あり?古すぎた?三昔くらい前ですか??

私が探す辺りは、たぶん私同様微妙にマニアックな嗜好で買うためか
あまり放出してくれない(;_;)

そんなわけで目的物も見当たらずぶらぶら眺めていたら、
Paolo Nutiniの中古CDが以外に多く売られていた。
ちょっと意外。
そこまで話題になった覚えもないけど、私が情報に疎かっただけかなぁ・・・


と、そこでワタクシ邪推した。

彼のファースト・アルバムが発売される時、HMVの情報誌1ページを使って
紹介されていた。
彼の写真付きで。

皆さんその写真に惹かれてCDを買ったのではあるまいか。




・・・はい、ウチにもありますけど何か?
いやいや、私は「Jenny Don't Be Hasty」という曲が気に入ったから買ったのであって
決してあのルックスに目が眩んだわけでは・・・ごにょごにょごにょ・・・



Paolo Nutini "Jenny Dont Be Hasty" Live

Paolo Nutini - Jenny Don't Be Hasty
(↑ こっちはPVなのかな?)


もちろん顔だけの歌手じゃありませんて!



IMG_1613 のコピー


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。