漂遊する脳髄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

風邪っぴきの覚え書き

と言っても、風邪ほとんど抜けました

2~3日家で寝たり起きたりじっとしていただけなのに、
体力が落ちているのをひしひしと感じます(T_T)
お年寄りが入院するとめっきり弱ってしまうという話を
よく聞くけれど、さもありなんと実感しました。。。

でも、風邪をひいている間に良かったこともあったのです!

実はワタクシけっこうな低体温人間なのですが、
今回(私にしては)少々熱があがりました。
そうしたら、慢性的に苦しんでいる肩凝りが楽になったのです

・・・熱があった間だけなんですけどね。

そういった話は、前に新聞記事かなにかでも読んだことがあります。
やっぱり身体が冷えるってロクな事が無いのだなぁ。

平熱に戻った今は肩凝りも復活してますが・・・



201004251634000.jpg


話は変わって。。。
先日TSUTAYAで『ブロークン・イングリッシュ』という映画を借りた。
粗筋は、まぁ割とありがちな・・・
〈恋愛も仕事もいまひとつ上手くいかない微妙な年齢(すっごく若くはないが、
マドモワゼルでもおかしくないくらい)の女性が素敵な男性に出会って
楽しい一時を過ごすのだが、いざ本気の恋愛へと進むのには臆病になってしまう。
そうこうするうち、男性は遠くに行くことになってしまい・・・。〉的な。

母親なぞは「男女とも登場人物が気に入らない」と早々に見切りをつけて
途中で見るのをやめていたが、私はとりあえず全部見た。

確かに主人公(女性)のノラはもうちょっと自尊心を持ったらどうかと
指摘される弱さを感じさせもするけれど、色々と上手くいかないことが重なって
不安にもなりーの弱気にもなりーの孤独に押しつぶされそうになりーのしたら、
まぁ仕方ないかもなーとも思ったのだった。
自分も充分ダメ人間ですし(笑;)

大きな事件が起こるわけでもない温い日常を、どちらかというと淡い色調で
ゆるーっと撮っている感じは結構癒された。

あと、ノラ役の女優さんはいわゆるハリウッド型のゴージャス&セクシー
タイプではないけれど、なんとなく目を惹かれる。
ファッションも可愛らしかった。


私が今までに見た数少ない”人生に行き詰まった感のある、微妙な年齢の
女もの”映画では『Fast food Fast woman』が一番好きかなあ。
『Kill me later』で主人公を演じたセルマ・ブレアの、あの目の据わりまくった顔も
好きだった。

この手の映画を見ると、昔『ブリジット・ジョーンズの日記』を見た女友達が
言い放ったひと言、

「結局最後は幸せになりやがる。」

という感想が脳裏に鮮やかに蘇って可笑しくなる。

せめてフィクションくらいハッピー・エンドにならなくちゃ~。
悲惨じゃないの~~(^_^;)


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

うお

結局最後は幸せになりやがるって切なすぎるっす。

 恋愛に進むのが怖いというのは解る気がします。多分幸せに慣れてないんでしょうね。

さんた | URL | 2010年04月26日(Mon)12:48 [EDIT]


→さんたさん

はい、こんな感じの女子大学生だったワタクシ達です(笑;)
でも最近はハッピーエンドを素直に喜べるように
なりました。
ハッピーエンドなんて物語の中にしか存在しないと
悟っ・・・えー、ゴホンゴホン。

それは置いといて、と。i-201

確かに、うまく行かなくて傷つくことを思うと、
手に入れられそうな幸せを掴みにいくのに消極的に
なってしまうことありますよね。
でも幸せに慣れきって鈍感になるよりは良いことなのかも
しれないなーと思ったりもします。

うーん、難しい。。。

aya | URL | 2010年04月27日(Tue)00:30 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。