漂遊する脳髄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

最近の由無し事

だいぶ更新サボってました(v_v;)

特筆すべきことも無いのですが、広告を消すために何か書いてみましょうw

先日、映画『ラザロ・エフェクト』を観てきました。

(以下、ネタバレあります)







(あらすじ)
死者を再生するための血清の研究をしている、とある大学の研究室が舞台。
(元は蘇生可能時間を延長させて救える人命を増やすための研究)
ある日、“ラザロ“と名付けた血清を使用し、脳死した犬を甦らせることに成功するが、
企業の奸計により実験データをまるまる押収されてしまう。
そんな好き勝手にはさせないと、研究室チームはその夜のうちにもう一度実験を
再現するため、研究室に忍び込む。
しかしチームの一員であるフランクの婚約者ゾーイが事故で感電死してしまい、
チームは彼女にラザロ血清を使用することを決心するのだが...

ジャンルとしては...サイエンスホラーと言えばいいのかな...。
純粋なホラーは苦手(怖くてw)なのですが、サイエンスホラーは割と興味あるんですよね(^_^;)
自分が全く無知な世界だからでしょうかwww

で、見終わった感想なのですが、

全く何も解決せずに終わります。

大事なことなので二度言いますが、

見事なまでに何も解決せずに終わります。

別にけなしているわけじゃないんです。
観ている間は面白いし、恐がりの私には十分ビクッとできる撮り方だし、
テーマも個人的には興味が持てる。

途中で伏線が見えてきて、「ああ、ここが落としどころなのだな。
まぁそんなに意外ではないけど、これしか収集つけられないよね...」
と思って観ていたのに、まさかのどんでん返し。
全く落とせてないwww
そういう意味では新鮮ですらあるかもしれません(^_^;)

き、脚本作ってる途中で何かヤケになるような出来事があったのかな?
それとも元から続編作るつもりなのかな??
このままいくと人類がどんどん血清でゾーイみたいになっちゃって人類滅亡の
危機だけど、途中で血清のプラス部分(超人的能力が使えるようになる)は
活性化するけど元の人格は保ったままの、『バイオハザード』でいうと
アリスみたいな人物が現れて死闘を繰り広げるわけかしら...?
ミラ格好良いよね!ミラ!!


...えーっと、ゴホン、気を取り直しまして...

とりあえず改めて確認したことは、
「いくら元が美人だとしても、白目の部分まで全部黒目になると怖い」ことですかね...
全部黒目なのに可愛いハムスターとか、至高のデザインですよホント!

あと、いくら映画でフィクションでも元気のない動物を観るのは忍びない...
てことかなwww
わんこーーー!!!(ToT)

lasarus.jpg


<おまけ>
少し前に、こちらのデッサン人形を入手しました♪

DSC_0226.jpg

本当はこちら↓が一番欲しいのですが、お高いのでとりあえずお試しでボディくん(^ ^)
スーパーフレキシブル メール シームレスボディ 1/6 アクションフィギュア
body.jpg

やはり体を丸めるようなポーズには限度がありますが、木製のデッサン人形よりは
ずっと可動域が広いので助かっております。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。