漂遊する脳髄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『北欧スウェーデンのかわいいモノたち』

book.jpg

『北欧スウェーデンのかわいいモノたち』 山本由香


図書館で借りた本です。

北欧のデザインの秀逸さは近年日本でも非常に有名になって
人気がありますよね。
その中でもやはり家具のデザインが取り上げられることが
多いかと思うのですが、この本では食料品のパッケージや
日用品のデザインなど、とても身近にあってグッド・ルッキングなものを
集めています。

著者によれば、スウェーデンには
「だれもが使うモノにこそ、グッドデザインを!」
という発想が根づいていて、著名なデザイナーさん達も喜んで
牛乳ボトルやココアなど、身近なモノのデザインを引き受けるそうな。
それって素適なことだなぁと思います(o^_^o)

自分自身忘れがちになってしまうことなのですが、丁寧に日常を送るというのは
大切なことなのですよね。。
そして、素適なデザイン・美しいモノ・自分の気に入ったものに囲まれて、
それらを大事にしながら生活するというのは、大変な精神的贅沢だと思います。

そういう生活をするにはある程度の経済的余裕も必要だ、という意見は
もちろんです。
でも、日常の品々の基本的なデザイン力が底上げされれば、
牛乳パックを眺めて楽しい気分になることも不可能ではないですよね!(^_^)

私も色々なデザインを見て勉強したくなりました。

個人的に思ったのは、スウェーデンのデザインは微妙な色合いが
上手い具合に使われているな、ということ。
もちろん原色も使われているのですが、それと組み合わせる色が
絶妙なんですよね~。
下手するとボンヤリした印象にもなってしまう抑え気味な色を
シックに使っているから、子供っぽく又はけばけばしくなりすぎない
(いわゆる)”大人かわいい”が完成するのでしょう。
・・・この表現、私はイマイチ好きではないのですが

でもカワイイもんはカワイイですからね、仕方ない。
可愛いは正義らしいですしね(笑)

スポンサーサイト

PageTop

睦月つれづれ

毎日寒いですね((>_<))
空気が刺すような冷たさです。
肩凝りも絶賛悪化中でございます。

そんな中、コンタクトレンズ(ハード)の左レンズが
割れました・・・

眼から外した後、どういうはずみか(空間認識能力皆無のなせる技か)、
左レンズと右レンズをぶつけてしまったのです。

そうしたらあっけなく派手に割れました。

確かに使用年数は限界を超えていたと思われますが、
ぶつけただけでもあんなに見事に割れるものなんですねぇ。

思わぬ出費に、外も寒いが懐も寒くなる月末です。
皆さま風邪をひかぬよう気をつけて下さいね。。

PageTop

『ダゲレオタイピスト』

20120123.jpg
(Amazonより)

『ダゲレオタイピスト 銀板写真師 』/ 鳩山郁子


ずっとこの漫画家さんの作品を読んでみたいなぁと思っていたのですが、
去年末にやっと購入しました。

ここまで遅くなった理由としては、おそらく

1. 大型版なので、マンガにしては価格が高い。
2. その上、ストーリーを知らないので、どれを買ったらいいか迷う。
3. 絵柄が「大好き」ってほどでもないみたい。

・・・つまり早い話が、

気に入るかどうかも分からん漫画に千円以上お金出せない。

っていうケチくさい理由なわけですね(v_v;)

しかしこの『ダゲレオタイピスト』、非常に良かったのです。


そもそもこの方を知ったのは、長野まゆみという作家の本の表紙画を
手掛けたことがあるから。
そして、私は長野まゆみの世界観が好きだったので、おそらく
この漫画家さんの作品世界も好きなんじゃないかしらんと思い、興味を
持ったのでした。

ただ、絵の線が非常に繊細で、自分の好みに照らし合わせると
ちょっと繊細すぎるんじゃないかと不安だったのですが、このストーリー、
この独特の世界観にはやっぱりこの超繊細な絵がピッタリはまるのですね。
丸ペンで描いているのかなー・・・
いやはや、いやはや。

本書には「The widow of fishman can't stop knitting」と
「ダゲレオタイピスト」の2編が収録されています。
「The widow of~」は漁師の夫を海で亡くした寡婦の物語、
「ダゲレオ~」は湖で溺れ死んだ少年の肖像写真を頼まれた銀板写真師の
物語で、”少年愛の美学”的な香りがありますので好みが分かれるかも
しれませんが、『トーマの心臓』(萩尾望都)辺りでしみじみ感慨深くなった
向きには是非オススメしたく思います。

ぜひぜひ~。

PageTop

『森見登美彦の京都ぐるぐる案内』

kyotoguruguru.jpg
(Amazonより)


図書館で借りました。

この著者の小説を読む度に、舞台となっている京都の町や通りを
散策してみたいなぁと思っていたのですが、このような本が
刊行されたということは同じような読者がやはり沢山いるのでしょうね(笑)

やっぱり京都行きたいー。
叡山電車ーー。

PageTop

Henri Le Sidaner

先日、母親と埼玉県立近代美術館へ
薔薇と月夜を愛した画家 アンリ・ル・シダネル展』を
見に行きました。

この画家は、今回のこの展示で初めて知りました。
20世紀初めに活躍したフランスの画家で、いっとき現代美術の
隆盛の中で忘れられがちになったようですが、最近改めてその
素晴らしさが再評価されているそうです。

印象派や新印象派に学んだということで、柔らかな色調は
確かにその影響を感じさせます。
また、スーラの点描画を思い出させますが、こちらのほうが
筆のタッチがラフなのか、色調のせいなのか、より柔らかさを感じました。

風景画が多く、人物が登場する作品はほとんどありませんが、
美術館の説明書きにもあったようにどこか人の気配を感じさせるので、
無人の部屋の絵などでも寒々しさはありません。

シダネルは友人達を自宅に招くのも好きだったようなので、
人好きな穏やかな人物だったのかな・・・。

彼は何度か引っ越しをし、ヨーロッパ各地を旅行しもしましたが、
とりわけジェルブロワというパリ北方の小さなが気に入って
居を構えました。
まずは自宅の庭を薔薇で埋めつくすと、その庭が次第に評判になり、
パリやもっと遠方からアーティスト仲間が庭を見に訪れるようになります。
そして村の名前が知られるようになるにつれ、村全体で薔薇を植えるように
なり、「フランスでもっとも美しい村」に選ばれたそうです。

確かに、薔薇の咲き誇る住居や離れを描いた作品はとっても美しい。
ジェルブロワという村を訪れてみたくなります。
それにしても、
「いま庭の薔薇が満開だから遊びにおいでよ~!」
なんてこと、一度でいいから言ってみたいぞ・・・(^_^;)

シダネルの作品はどれも素適でしたが、個人的には宵闇のような時刻を
思わせる風景画が特に好きです。
作品資料としてランタンの灯った庭の絵があり、それがすごーーく気に入った
のだけれど、残念ながら今回は実物は展示されていませんでした。
それだけが心残り(T_T)
展覧会プログラムにも載っていなかったし・・・
いつか本物を見てみたいです。

シダネル展は2/5まで開催されていますので、興味がある方は是非!



・・・ところで全く脈絡ないのですが、皆さんは『となりのトトロ』の
都市伝説って御存知でした?
私は昨日、人に教えてもらって初めてそんな噂があったのを知りました;
いやはや、すごく細かく見ている人がいるものですね(^_^;)

まぁ実際は素直にハッピーエンドなんでしょうけれど、確認しようがない
(作った本人の考えを読み取ることでもできなければ・・・)ところが
人を惹き付けるのかもしれませんね。

そんな都市伝説的解釈を念頭に置きながらトトロを見直したら、
きっとなかなか興味深・・・もとい、不気味なことでしょう。
・・・ちょっと見てみたくなった(笑;)

それにしても、そんなに流布していたんですか、この説は?
地域的にじゃなく??
そうだとしたら、私はなんとボンヤリしていたことであろう。。


となりのトトロにまつわる都市伝説

↑ 参考までに(^_^;)
  だいたいこんな感じみたいです。

PageTop

初挑戦・パワーヨガ!

ワタクシ、数年前から地元の区で運営されているスポーツクラブに
通っているのですが、今日は「パワー・ヨガ」のレッスンに
初参加してみました。

少し前からレッスンに参加している友達から

「結構ハード。」

と聞いてはいたのですが、予想を裏切らないハードさ・・・;

動く順番なども分からないので、先生を盗み見ながら必死に
真似しようとするのですが、腕も足もプルプルして辛いもので
「はい、膝~胸~頭の順番でー」
とか聞いても頭で理解できないんですよね;
体がいっぱいいっぱいなので、脳の処理能力が電源OFFに
なってるというか。。

とはいえ、レッスン後は肩凝りなども少し軽くなっていたように
思います。

これからもできるだけ出席しようと思いますが、果たして
三点倒立ができる日が来るのかはかなり疑わしい。。

PageTop

黒豆パウンドケーキ

このお正月は、黒豆パウンド・マスターでした(笑)

家族、親族、友達のみなさんに美味しいと言ってもらえたので
よかった~。

201201062357000.jpg
(手前は抹茶、奥はプレーン)

PageTop

talented

能ある鷹は爪を隠す、とは言いますが、
豊かな才能というのはきっと自然に自分の外へと
溢れてしまうんでしょうね・・・

と、この動画(↓)を発見してつくづく思いました。

Ronan Parke - Britain's Got Talent 2011 Audition - International Version

しかも、ちょーかわいい。。
いっそこの顔になりたいです(笑;)


その他、最近見つけて気に入っているのはRemady feat. Manu-Lの
諸々で、最初に見つけたのがコレ↓

Remady Feat. Manu-L - Give Me A Sign (DJ Antoine Vs Mad Mark Radio Edit)

このPVも好き↓

Remady feat Manu L - Save Your Heart (Official Video)

こういう感じの、身体能力を最大限活用したPVを他でも見た気が
するのだけど、誰の曲だったか・・・。

Remadyはスイス出身のDJらしいですが、Manu-Lさんについてが
よく分かりません。出身地とか・・・
歌手ってことでよいのかなー。
何か御存知でしたら教えていただけると嬉しいです。

フランスとかドイツ辺りのClub系として人気なのかと思ったけど、
Craig Davidとコラボレーションしたりもしてました。

Remady Feat. Craig David - Do It On My Own (Official Video)

久しぶりに見たCraigが結構オジサンぽくなってて、年月の流れを
感じました;

てことは、ワタシもな・・・;

PageTop

雑司が谷七福神

本日は、初詣として雑司が谷七福神巡りをしてきました。
スタンプラリー用の色紙は購入しませんでしたが、
全て回った証拠として各所を写メってきました!(笑)

まずは雑司が谷鬼子母神からスタート。
ここに祀られているのは大黒天様です。

201201031202000.jpg

201201031208000.jpg

しょっぱなからガラーンとしていて寂しかったらやだなーと思いましたが、
お参りのための列もできており(何十分もは待たないで済んだ)、出店も
3~4店ありました。

境内には樹齢600年以上の公孫樹もあります。
思いきり逆光です(v_v;)
(夕方っぽいけど一応午前中。)

201201031218000.jpg

紅葉の時期は見応えありそう!

今年初のおみくじをひいたら・・・

201201031213000.jpg

吉。


2番目は大鳥神社の恵比須様へ。

201201031224000.jpg

3番目は清立院の毘沙門天様。

201201031228000.jpg

建物は最近改築されたのか、新しそうでした。


201201031230000.jpg

社務所?の外にいた猫。
寒いせいなのか体調が良くないのか、あまり元気がありませんでした(;_;)

この頃から、辺りに結構ノラ猫がいることに気付く。
以後、駅周辺に戻ってくるまでしきりに左右を見回しながら歩く私;
駐車場にも猫が落ちているわ。。


4番目は少々歩いて清土鬼子母神の吉祥天です。

・・・と、その前に、清立院から清土鬼子母神への途上に素適なお店を発見。

201201031235000.jpg

『旅猫雑貨店』。
レトロな雰囲気の一筆箋や手拭い、小物などを取り扱っているのですが、
それらのデザインがいちいち私のツボ(笑)
また是非見に行きたいです。

街歩きの楽しみのひとつは、こういうお店を偶然発見することですよね。
そうでなければ、誰かに教えてもらわない限り一生存在を
知らなかったかもしれませんもの。。


さて、吉祥天様。

201201031253000.jpg

境内は結構狭いです。


うってかわって広かった6番目の観静院。

201201031315000.jpg

昔は一面の梅林だったそうです。
参拝客はほとんどおらず・・・

しかしここに祀られているのは弁財天様!
弁天サマと言えば学問、そして芸術の神様!!
私としては平身低頭して拝んでおかねばなりません。


6番目はぐぐっと賑やかな方面に戻ってきて中野ビルの布袋尊。

201201031323001.jpg

・・・そう、ここは神社のような建物は無いのでした。

知らなければスルーしてしまいそうなほど、池袋の街に溶け込んでいる
布袋さま・・・。

そして道路をはさんで斜め向かいには、謎の『老眼めがね博物館』。

201201031324000.jpg

店・・・もとい博物館の中では、眼鏡なのか飾りなのかなんなのか、
何かがチカチカと瞬いておりました。


最後は仙行寺の福禄寿様。

201201031327001.jpg

ここにおわすは華の福禄寿サマ。
ここまで歩くと空腹も極まってまいります。


そんなこんなで七福神巡りは無事に終了!

今日は風はとても冷たかったですが、日向を歩いていると体が温まって
くるぐらいの良いお天気でしたね。
いつ見上げても雲がさざ波のように波打っていて、しかもそれが道のように
青空に長く伸びているので、不思議な感じでした。

201201031232000.jpg

PageTop

謹賀新年・2012

2012年賀状・完成品 のコピー

明けましておめでとうございます!!

去年は震災を含め何かと落ち着かない1年でしたが、
今年は皆さまにとって平和で幸せな年になりますよう・・・

関係者各位には去年も色々とお世話になりました。
今年も何卒よろしくお願いいたします。
このグダグダBlogも細々と更新していきたいと思いますので、
引き続きお付き合いいただければ嬉しいです(^_^)


個人的には、今年こそ経済活動をなんとか活発化させたい
ものですわー。。
欧州と同じくらい危機感を感じる今日この頃です;
ユーロが100円きったって・・・なにそれ・・・
私がやっと初・海外旅行した時は175円とかだったのに・・・(-"-;)

世界が少しでも穏やかな方向に進めばよいですね。

まだまだ寒い日が続くと思われますので、どうぞ御自愛下さいませ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。