漂遊する脳髄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

最近のいろいろ・3

200908311826000.jpg




大学時代の同窓生の1人が近々渡仏するということで、
土曜日に吉祥寺のレストランで壮行会が催されました。
20人弱集まったので、プチ・同窓会な感じ�G���������͂��Ă�������

私にとってはその大部分が卒業以来の再会だったので
随分懐かしかったです♪
みんなそれぞれの道を歩んではいますが、学生時代の面影は
やっぱり変わらない(笑)
これを機会にメーリングリストにも入れてもらえることになったので嬉しいです。
(PC故障時にメアドが変わったせいで、学科のMLからもれてしまったのです・・・☆)

渡仏する人は少なくとも1年はパリにいる予定だそう�L���L��
その間に遊びに行けるかな・・・?


昨日は久々に北園クラブのKJへ。
そしてその後、私には今年初の北フェス練習へ。
なんだかんだで滑り込みで参加させてもらう運びと相成りました・・・
皆さんよろしくお願いします��


今日は随分涼しかったですね!
夜はビールでなく、鍛高譚のお湯割に梅干しを入れたものを
飲むことにしました�G���������͂��Ă�������

写真は、この間ヨーロッパへ旅行に行った友人に
お土産でもらったリップグロス♪
どうもありがとう�n�[�g

スポンサーサイト

PageTop

葉月・つれづれ2

20090828.jpg


今日のお昼頃、

あっついなぁーー、

と思わず空を見上げたら、いつの間にかとても空が高くなっていた。
気付かない時でも季節は確実に移り変わっているのだなあ。

特にはじけたことがあったわけではなくても、夏の終わりはしんみりしますね・・・

今日の雲は、鱗雲??

PageTop

そういえば・・・、の御報告。

先日のPOSTCARD 300人展、9位に入りました(^_^)
見に来てくれた方、投票してくれた方、ポストカードを買ってくれた方、
本当にどうもありがとうございました!!

まだまだこれからも精進の日々です・・・�當���H�i�Ɓj

投票結果はこちらから・・・↓↓↓

たまごの工房・投票結果


e0134502_1428950.jpg





話は変わりまして、今日はまた健康フロア体操に参加してきました。
ジャズダンス仲間のももちゃんも来ていたので、
きゃっきゃきゃっきゃと再会(?)を喜んだりもしましたfc2

今日は代行の先生だったのですが、やはり愉快なダンスは外せないようで・・・
「保健室の先生」という歌に合わせて踊ったのですが、この歌がちょっと面白いです!
この曲調がたまらない・・・(^o^;)

気になる方は是非チェック�킟����(笑)
↓↓↓

保健室の先生 / ミドリカワ書房



PageTop

『小さな額絵の大展覧会2009』

gakubuti001.jpg


来月、また展覧会に参加させていただきます�ɂ�


『小さな額絵の大展覧会2009』

ギャラリー犀
9/4(金)~9/16(水) *10(木)休み
12:00~19:00(最終日は17:00まで)

東京都武蔵野市中町2-6-2
TEL/FAX 0422-52-3478

HP
ギャラリー犀


御時間ありましたら見にいらして下さい♪


PageTop

最近のいろいろ・2

書こう書こうと思いつつ、なかなかブログが更新できませんでした。。。

ということで、ざざーっと書き流しをば。(^_^;)


坪庭

母親と長野県にある坪庭に日帰り旅。
写真の通り、非常に天候に恵まれました♪
ピラタスロープウエイを降りると空気も爽やかで気持ちよかったです。
ちなみに標高は2240m。


『真夏の夢 A Midsummer Dream -椿山荘-』というアート企画展を観に行きました。

200908211801001.jpg 

椿山荘のロビー、テラス、茶室、庭園、宴会場といったところに
アーティスト達の作品が配置されており、自由に見て回ることができます。
作品の種類も幅広くて見応えあり。
今月の30日まで開催中。無料です。

200908211718000.jpg
(庭園の一部。東京にいることを忘れそうになったのは気温のせいだけではあるまいよ・・・)



200908211801000.jpg
(椿山荘から出たところ。飛行船発見。)



「ザ・ビート・ダイナー」という、有楽町の高架下にあるハンバーガー屋さんに
初めて入りました。

200908211918000.jpg

かなりのボリューム!
モスをも凌ぐバーガー丈!!
かーなーり食べにくいですが、味は良いです。
バーガーの種類も豊富。


200908251246000.jpg

↑「ギモーヴ」という新商品。

‘マシュマロのような食感のグミ’ということで今日の朝刊に紹介されていたのだけど、
先ほど「おかしのま○おか」で販売しているのを見つけて購入。
確かに、グミというよりはマシュマロのフワフワ感が印象的。
溶けそうな気がして冷蔵庫に入れておいたら、少し固くなってしまいました。
個人的にはグミは酸っぱめの方が好きなのでレモン味を買ったのですが、
この場合はもう一方のストロベリー味の方が気に入るかも・・・
ということで、次回はストロベリー(笑)

「ギモーヴ」という商品名は響きとイメージが合っている気がしました(^_^)



・・・そんな最近。
次回は展覧会の告知をさせていただこうと思います♪(予定)





PageTop

LINKページ更新しました♪

HPのリンクページを更新しました!

北園クラブで健康フロア体操を受け持っておられる
小笠原先生と仲間の方々による『撫肩GUYDANCE』
オフィシャルページにリンクをはらせていただきました♪�}�p�����v���{�p

なんだかとても愉快そう!
是非チェックしてみて下さいね!!
↓↓↓

撫肩GUYDANCE

PageTop

「骨」展 @東京ミッドタウン

東京ミッドタウンなんつぅ生き馬の目を抜くよーな
ハイカラ地区に踏み込んじまったら無事には還れないだぁー�G���������͂��Ă�������

と思って敬遠していたのですが、骨見たさに遂に初・東京ミッドタウン。


200908191208000.jpg


展示会場はミッドタウン・ガーデン内の「21_21 DESIGN SIGHT」というギャラリー。
‘21_21’の部分からして正確な読み方が分かりません・・・�������

私の主な目的は骨格標本だったのですが、それだけにとどまらず
写真、骨に見立てた車の骨格(?)、腕時計の精巧な部品、
家電などのレントゲン、デジタル作品、電子工学?な作品etc.興味深い展示でした。

薄い膜でできたテントのような蚊帳のような作品は中に入ることができたし、
自分の影をスクリーンに映すとそれが骨組みを持って動きだす・・・というような
実験的な作品もあって楽しめましたが、ひとつ残念だったのは
人工関節の部品や、損傷を補うのに用いられるという頭蓋骨と同じ組織でできた型が
触れられなかったことかなぁ。
特に人工関節の説明には、「摩擦面は金属がつるつるに磨き上げられ、逆に骨に
継ぎ合わされる部分は馴染みやすいようにザラザラになっている」などとあったので、
実際触ってみられたらもっと体験学習できて良かったかなと思います(笑)

200908191205000.jpg

いらん情報ですが、ガーデン内はこんな感じで水を噴き上げたりしておりました・・・。
こじゃれていて欧羅巴かどこかの公園みたい。
実際白人率高め。


さて、せっかく六本木くんだりまでやって来たので、
骨を見終わってから東京ミッドタウン繁華地区に潜入してみました。


200908191319000.jpg

屋内に竹が生えております。



200908191322000.jpg

たけたけたけたけたけが生え・・・、っと。



200908191333000.jpg

天上には水が流れておりました。


200908191335001.jpg

不思議なモニュメント。
一体何がしたいのかよく分からないミッドタウン・・・。


・・・あ、もしかして・・・

かぐや姫?!かぐや姫なのかっ?!

この石みたいなのが実は空間移動カプセルで
21世紀のかぐや姫はこれで月と地球を行き来するっちゅーコンセプト?!

だから竹??!!!!!
(↑ たぶん違う。絶対違う。)


カフェやレストランは沢山あるようなので、まったりお茶&お喋りを楽しむのには
うってつけかもしれません。
カフェの外にある席でも厳密には屋内なので暑くないしね♪

・・・とか言いつつ、お茶の一杯も飲んでないけど�A�b�v���[�h�t�@�C��


そうして、自然と早足になるのを感じつつ
自分に最も馴染みの無い区・港区を後にしたのでした。。。

でも骨は美しいですよ~♪♪♪

山中俊治ディレクション 「骨」展


※ いつもに増してテンションがおかしいと思われた方、それは単なる気のせいです。

PageTop

最近のいろいろ

『POSTCARD 300人展』と『THE LIBRARY 2009』、無事に
参加し終わりました♪
見に来て下さった方、どうもありがとうございました!!
作品の写真などは、そのうちこのブログにでも載せられたら・・・と
思っています�ɂ���


カステラ

以前新聞に載っていたレシピの切り抜きを偶然見つけたので
「ぐりとぐらのカステラ」を作ってみました。
絵本・ぐりとぐらシリーズの中の一冊、2人が大きな卵を見つけてカステラを焼き、
森のみんなで食べるというお話にでてきたあのカステラ・・・
本を読みながら、
“いいな~ 食べたいな~~”
と憧れていたのは私だけではなかった!(笑)
スポンジケーキなどよりは手軽に作れて、素朴な甘さが美味しいです�G���������͂��Ă�������



IMG_1243.jpg

日帰りで栃木の霧降高原にハイキングに行ってきました。
朝、東京を出発する時は小雨も降るような曇天でしたが、高原に着いたら
写真のような晴れ間も!

ただ、ネットで見つけた情報ページの「高原」「ハイキング」という言葉の持つ
“気軽にレジャー”感に若干だまされていたようで、
ハイキングコースは予想外にハードなのでした・・・
というかですね、途中で沢を渡るコースだったのですが、
丸太を渡したような橋が壊れているじゃありませんか!����

そんなわけで、沢の「中」を渡るという強行軍に一転。
歩ける深さで良かったです・・・軽く遭難しかけたけど、無事に
帰りのバスに間に合って良かったです~(T_T)
東京に帰還した今となっては、貴重な体験で面白かったと思えますけれど(笑)

IMG_1247.jpg

高原の牧場には牛(だけ)がいました。
写真を撮ろうと近寄ったら、嫌そうにジリジリ後退していきました。
そして私と目を合わせないようにしながら、後足を地面にがっ、がっ、と
叩きつけ始めたので、ちょっと身の危険を感じたりもしました。
思いがけずスリル満点のハイキングだったと言えましょう。


有名どころな歌をアコースティック・バージョンにして歌っているバンドを
Youtubeで見つけ、最近の癒しになっております。
バリバリのR&B等も、アコースティックだとなんだかセンチメンタルに
聞こえるので面白いですね。
まだちゃんと調べてないのですが、自分達のバンド活動もしているみたい。
興味があったら覗いてみて下さい♪

4 Minutes (acoustic)-boyceavenue

boyceavenue







PageTop

今年は何故か例年より蚊に刺されます。
せっかく買ったアー○ノーマットも効きません。

・・・いや、効いているからこの程度の被害で収まっているのか・・・?

かゆいです。


ベタに
「血が美味しいからじゃない?」
とか慰められても全然嬉しくないーっ��������



心の荒み度78%弱。

PageTop

葉月・つれづれ

IMG_0935.jpg


ここ数日、少し気温が低めで過ごしやすかったのだけれど、
今日はまた暑くなりましたね。。。

早くも8月ですが、天気のせいなんだか
ちっともそんな気がしません(v_v;)

上の絵(版画かな?)は以前雅叙園で飾られているのを写したものです。
写真が保存してあるファイルを整理していて見つけました。

写真に限らず、資料にと思ってスクラップしてある切り抜きや本も
時々見返さないと存在を忘れてしまいます・・・

スクラップといえば、「資料のスクラップ帳」兼「雑記帳」兼「日記」のような
ノートが気付いたら10冊目になってました����
このノート達は、私にとってはかなり大切な制作ネタ帳であります(笑)



************************************


フィリップ・スーポー(Philippe Soupault 1897-1990)という人の
『ジョルジア』という詩をご存知でしょうか。
これは私の好きな詩のひとつなのですが、読んでいると流れるようなリズムを感じます。
ちょっと長いですが、ここに紹介させて下さい♪


〈 ジョルジア 〉 フィリップ・スーポー

ぼくは眠らないよ ジョルジア
ぼくは夜の中に矢を射るよ ジョルジア
ぼくは待っているよ ジョルジア
ぼくは思っているよ ジョルジア
火は雪のようだね ジョルジア
夜はぼくと隣り合う女の人だ ジョルジア
ぼくはどんな物音でも残らず聞いているよ ジョルジア
ぼくは見ているよ 昇っては消えてゆく煙を ジョルジア
ぼくは闇の中をこっそり歩いているよ ジョルジア
ぼくは走っているよ ほら ここは通りだ 場末の街だ ジョルジア
ほら ここはどこかの町だ おなじ町だが
ぼくは知らないところだ ジョルジア
ぼくは急ぐ 風が吹いてきたよ ジョルジア
寒くて しいんとして こわいよ ジョルジア
ぼくは逃げる ジョルジア
ぼくは走る ジョルジア
雲が低い 今にも落ちてきそうだ ジョルジア
ぼくは腕をさしのべる ジョルジア
ぼくは目を閉じない ジョルジア
ぼくは呼ぶ ジョルジア
ぼくは叫ぶ ジョルジア
ぼくは呼ぶ ジョルジア
君はやってきてくれるかい ジョルジア
すぐにだ ジョルジア
ジョルジア ジョルジア ジョルジア
ジョルジア
ぼくは眠らないよ ジョルジア
ぼくはきみを待っているよ ジョルジア 
ジョルジア 

       (訳者はメモし忘れ。)



・・・どうでしょうか?

"ジョルジア”の繰り返しでリズムを作り出していると言えばそれまでなのですが(^_^;)

いつか、音楽のように、歌を歌うように絵を描くことが
できたらいいなぁ・・・というのが私の身の程知らずな夢なので、
何か流れを内包したものに出会うと感動してしまうんですね~(笑)

それにこの詩は読む度に息苦しくなるような切なさを感じてしまいます�ق�����stereo

PageTop

読書日記・2

image_20090731235235.jpg


『男流文学論』
(上野千鶴子・小倉千加子・富岡多惠子 著/ちくま文庫)


少し前に高円寺の古本屋で見つけました。

近~現代文学史上有名な男性作家6人の作品を取り上げて、
「当世“札付き”」(文庫本裏表紙の案内より)の3人が
縦横無尽に対談するというスタイルをとっていて、
これがまた痛快で面白いのです♪

取り上げられた作家は吉行淳之介、島尾敏雄、谷崎潤一郎、小島信夫、
村上春樹、三島由紀夫。
私自身はこれら全ての作家の小説を読んだことがあるわけではなく、
また他の作品は読んでいても、取り上げられた作品は読んだことが無い場合が
ほとんどです。
それはひとえにあまり興味が沸かなかったせいなのですが、
対談者3人の話を読んでいると、その作品へのツッコミの面白さに
ついつい議題となっている作品そのものを読んでみようか・・・という
気にさせられるくらい��

話口調そのままで書かれているので読みやすいし、お薦めですよん♪


でも確かにこの本読んでムッツリしちゃう男っているんだろうなぁ・・・(笑)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。