漂遊する脳髄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

高尾山へゆく・1

IMG_0703.jpg


土曜日は母親と高尾山へ歩きに行きました。
風が吹くと少々寒いものの、抜けるような青空です。

朝早く(←私にとっては)に出発したのだけれど、高尾駅には
もう沢山の人が。
中には本格的な登山っぽい格好をしている人もいて、
「高尾“山”って言ったって東京でしょー」と油断していた私は
少々ひるむ。

ネットで調べるとハイキングコースがいくつかあったので、
無難に表参道コースを選び、途中までは二人乗りリフトで
大人しく運ばれたのですが、これが大正解だったと後に判明するのです・・・

・・・だってこの道、帰りは歩いてみたのだけれど、結構な勾配があって
登るのはかなりきつそうなんですよ!!?
これから登らんとしている多数のハイカーさんとすれ違ったけれど、
皆さんかなり表情が微妙な感じになっておられました。
小さい子は途中でしゃがみこんじゃったりグズったり・・・
犬でさえ、不安げに飼い主を見上げるものもいる始末。
きっとこれから先の道のりの大変さを野生の勘で察知して、
帰りたくなってるんじゃないかなぁと同情しました。

さて私と母親は出だしで楽をしたので、順調に山頂まで歩くことができました。
しかもお昼少し前に!
・・・まぁ、山頂にいながら、そこが山頂かどうか分からずに
他人に聞いたりもしたのですけれどね;

やはり山頂もすでに人口過密でしたが、清々しくおむすびを食べて
再び来た道を逆行・・・のつもりでしたが、帰りは途中まで
少し違うルートを歩くことに。
そうしたら行きの道とは違い、左手は急な斜面が下まで続く細い山道。
足下も舗装されずに凸凹で、ちょっと薄暗い感じがしました。
筋肉痛はおそらくこの道が原因と思われます・・・。

でも自然の中をこんなに歩くのは久し振りだったので
充実した一日でした~。


(そして帰りの電車で爆睡。。。←いつものパターン)

スポンサーサイト

PageTop

高尾山へゆく・2

名称未設定 1


途中の神社におられた左右の天狗様。
お顔がおっきいです・・・


〽 さても我れ七つの歳に筑紫彦山に登り、
  天狗に取られて行きし山々を思ひやるこそ悲しけれ

   (謡曲? 『花月幻想』稲垣足穂・著/立風書房)

とかいうのがありましたが、七つの歳でこのよーな天狗様と遭遇したら
さぞ怖いだろうなぁ・・・。
ナムアミダブツ。

PageTop

高尾山へゆく・3

IMG_0711.jpg




ちゃんと山頂まで登ったという証拠写真。

PageTop

7055H

small_work002.jpg


2年弱お世話になっているsoftbankの携帯だが、
最近電池が膨張してきていた。
蓋もきっちり閉まらずに、本体との間に隙間ができてはいたけれど、
敢えて気付かない方針でやり過ごしていたのである。

しかし先日友人に見せたところ、
「うわ~!膨らんでる~っ」
と間髪を入れずに事実を暴露されたので、
まぁ完全に使用不可になる前に・・・と思って
本日softbankショップへ。

電池の在庫があったので、その場で交換してもらえて
時間もかからなかった。
店員さんによると、やはり機種によって故障傾向が違うようで、
私が使用している型は電池が膨張しやすいらしい。
でも、電池が膨張するってちょっと恐いですよね・・・
爆発かなんかしそうで・・・(v_v;)

そういえば身分証明に住基カードが使えなかったのは
少し意外だった。
国保の保険証はOKなのに、顔写真も付いている住基カードが
ダメというのは・・・
パスポート、免許証の次くらいに信用度のある身分証かと思っていたけれど、
そこまで万能ではないようだ。


* 絵は、先日の東京新聞に掲載されていたインド人少女(確か)の
写真を元にしています。

PageTop

お呼ばれ・1117

名称未設定 1


昨日は地元の、中学時代からの友人宅にお呼ばれして
晩ご飯をご馳走になる。

彼女は自ら、
「気が向いた時しか作らない。」
と言うのだが、作るとなるとその豪華なこと!�L���L���i�I�����W�j
私一人で食べるのが勿体ないくらいである。

そんなわけで、うちの母親がどういうわけか彼女をしきりに
結婚させたがるのだけれど(自分の娘に希望を見出せなくなったからであろう)、
いい人ができてもたまには私にも手料理を食べさせてね~~(笑)


思えば彼女との付き合いもゆうに10年以上。
一方的に親友と思っているのだが、時間をかけて育つ人間関係というのは、
その時間の人間による不可侵性(私達には時間を伸ばすことも縮めることも
できない・・・)によって他のものとは交換の効かない貴重なものである。

そんなふうに思えるのも、幸運にも友人に恵まれているからだろう。

PageTop

Time flies...

face006.jpg


like an arrowと。

気が付けばすでに11月だし、
いつの間にか随分寒くなっている。
来月で1年終わりって、信じられますか?!
・・・私はむしろ積極的に信じたくありません・・・。

温かい食べ物、飲み物が美味しくなりましたね♪

もうずっと以前から、私のベッドの敷き布団の下には
ホットカーペットが敷いてある。
夏中も敷きっぱなしだが、片付けないのは何も面倒臭いからだけでなく、
コンセントがタンスの裏側にあって手が届かず、コードが抜けないんである。

そんなわけで、どれだけ埃が積もっているのか及びコンセント部分自体の
劣化程度が分からない。
(手が届かないだけではなく、もはや目も届かない。)
夜中、睡眠中に発火したらどうしよう。。。

PageTop

1102/1103

IMG_0641.jpg


3日は従姉妹の結婚式に出席するため、日帰りで仙台へ。
新幹線を使うと仙台は近かった・・・以前、青春18切符で
電車を乗り継ぎ乗り継ぎ行った時は、座りすぎでお尻が
痛くなった記憶があるのだけれど・・・
今回はもっと乗っていて眠りたいくらいであった。
移動中に睡眠をとろうと企んでいたのにー。

式が夕方からだったこともあるかもしれないけれど、
やはり仙台は肌寒く、花嫁や出席者の女性達が風邪をひいてなければ
よいと思う。
(ちなみに私は以前11月の結婚式に出席したことがあったので、
 今回は開き直って防寒性を重視。)

披露宴の様子を大きな窓の外側から眺めたら
童話に出てくるような幸せに満ちた暖かい空間と映ったろう。
しかし童話のように、それを表で凍えて見つめる者がいないのは
良いことである。


4日はお昼頃から友人と池袋のスパ、RESTAへ。

友人がチケットをとっていてくれたお陰で、格安で入ることが♪
5時間という時間制限があるのだけれど、充分リラックス&リフレッシュできた。
3連休の最終日で皆出掛けているのか、かなり空いていたのも良かったと思う。

いつの間にかリラクゼーション・ルームで爆睡していたようで、
友達がいつ隣に座ったのかも知らず・・・
ああ、やはり冷え性の私にはお風呂です・・・��֥


そんなこんなで割とアクティブだった3連休のような気がしていたけれど、
こうやって思い返すとところどころで爆睡してる事実に
気付いてしまうので、あまり自分の行動を追わない方がよいと思った次第である。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。