漂遊する脳髄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カゴの中身は何でしょう?

何か小さいものでよいので、気分転換に買い物をしたいと思い
夕方地元をぶらつく。

都内とはいえ、お洒落な雰囲気もない(飲み屋には困らない?)街である。

ボンヤリと歩き回った結果、古本屋でマンガ版
『パノラマ島綺譚』(丸尾末広/原作・江戸川乱歩)を衝動的に
購入してしまい、この辺りが女としてダメなところなんじゃないかと
考えてみたりする。
コスメでも買えばいいのにね・・・。

丸尾末広といえば、大学の授業で鑑賞した
『少女椿』は結構なインパクトでございました、、、


本日の読書は
「猫舌男爵」(『猫舌男爵』/ 皆川博子・講談社 収録)。
『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』のような
どこか噛み合わないやりとりがドライな笑いを誘います。
食べ物に例えるとカナッペのような、軽く楽しめる粋な小品。

なーんて、偉そうに(^_^;)

スポンサーサイト

PageTop

目黒で花を観賞する。

1027.jpg


昨日は大学時代の友人に誘われて
目黒は雅叙園に假屋崎氏のお花の展覧会を見に行く。

お花については良し悪しを見分けられないので
なんとも言い難いのだけれど、“ナタマメ”の印象が強く残って
おります・・・至る所に豆が・・・・・・
個人的には、切り花はシンプルに花瓶に飾ればいいや~
という凡庸な結論に辿り着いたりしたけれど、
会場はそんな軽はずみな発言を許さぬような重厚感に溢れていた。
そして客のオバサマ達の間から、假屋崎氏本人をチラっと見かけるという
オマケ付き。

しかし雅叙園に足を踏み入れるのは生まれて初めてで、
特に百段階段には興味をそそられていたので良い機会であった。
あの造りは風情がありますね。。。
天井画も絢爛で美しい。
ただ、あの2.5D(友人Cさん談。3Dにあらず、中途半端な立体感)な
絵や柱は少々くどくはなかろうか・・・
あの部屋で寝たら何か「向こう側なモノ」にうなされそうである・・・

PageTop

雨の日も晴れの日も

Image176.jpg
 

『コンドルズ血風録 タイム イズ オン マイ サイド』という本を
読み終わる。

これは、学ラン姿で踊るダンス集団コンドルズの
メンバーの一人である勝山康晴という人が書いたもので、
メンバー達の出会いからコンドルズが生まれるまで、
そして初の大舞台が終わるまでの物語であり、
文庫本裏表紙の紹介に書かれているように
‘可笑しく熱い青春物語’だった。
読んでいて、羨ましいんです、ホント。
夢に向かってがむしゃらになってみるって、絶対必要だよね・・・
スケールは負けるけど、ちょうど自分がフェスタの発表に向けて
一生懸命になっていたこともシンクロして、
「この熱さが大切なのよ!!」
と青春馬鹿一直線諸手を挙げて大賛成。
本中にある、
「若者の特権とは夢を見る力のことなんです」
なんて、座右の銘にしたいくらいである。
ちなみに私を知っている人は、いつまで若者?とか
手厳しいツッコミを入れないように。

でもさ、誰かも書いていたように、前に進むことを出来なくするのは
絶望ではなく諦め、なんだからさ・・・
自分でも我ながら地に足が着いてないと思うような夢でも
しがみつく力が無くなったらきっと終わりなんじゃないだろうか。

・・・などなど、フェスタが終わってしまって秋風の吹く心、
若干感傷的になりながら読破したわけで。
まぁエミネム主演『8マイル』に涙した私だし(笑)
興味湧いた方は是非読んでみて下さいね。

そして久しぶりにこの唄を思い出した・・・


 ・・・
 ただだらだらと伸びる髪 
 さらにビートは強くなる
 社会のルールよすいません
 いつかロックン・ロールで返します

 ・・・

 Honaloochie Boogie yeah
 ボロは着てても心は錦
 Honaloochie Boogie yeah
 輝いてたいな
 Honaloochie Boogie yeah
 今はダメでもいつか神様

 ・・・

 Honaloochie Boogie yeah
 青春は長いな
 
 ・・・ 
     (「Honaloochie Boogie」/ The yellow monkey)
( Original song by Mott The Hoople「Honaloochie Boogie」)


・・・全く目頭が熱くなるような歌である(笑)。

PageTop

『小さな額絵の大展覧会』

Image175.jpg


昨日、『小さな額絵の大展覧会』という企画展を見に
三鷹のギャラリー犀というところに行ってきました。
展示販売形式で、最終日でもあったために
作品の何点かは売れてしまって見ることができませんでしたが、
オーナーさんが

「作品が気に入って、欲しい時に持って帰るのが一番いいと思うから。」

とおっしゃっていたので、その不在の作品達は
良い出会いがあったのだなぁと思って喜ばしく思いました。


そんなわけで、私も気に入った作品を連れて帰ってしまい・・・(笑)
もちろん他にも沢山素敵な作品があったのだけれど、
財布との相談もあり、かつ骨格標本好きな傾向も手伝って、
前田玲さんという方の「Bone union ?」という作品を購入(写真↑)。

どこに飾ろうか検討中です(^_^)

PageTop

自然治癒

昨日の朝、唇を火傷した。
お茶をレンジで温めたところ、カップが
異様に熱くなっていたらしいのだが、
取っ手はそうでもなかったために気付かず口を付けた。

そうしたらば、
「じゅっ」
といって火傷した。


それがさっき、かさぶたのようにカサカサしていた皮が剥けて治ったので、
生き物の再生能力は馬鹿にできないとしきりに感心している。


昨日無事にフェスタ終了。
今まで、「何かに向かって皆で頑張る」といった経験が乏しいので、
去年今年と良い思い出である。
来年もあるかな。。。

PageTop

日々のこと・2

face002.jpg


やっと眼科に行く。
使い捨てコンタクトを新しく作ってもらう。

イベントの時のために、アイライン及び付け睫毛の練習をしてみる。
アイラインはともかく、睫毛は二枚刃の如き様相を呈する。
鏡の前でしばし唸る。

前髪を少し短くする。

余計な事を思い悩む。

絵を描く。失敗する。


エトセトラ、エトセトラ・・・。


これが失敗した絵だけれども、先日観た
『落下の王国』という映画から。。。
この映画、たぶんそれほど華々しく宣伝はされていないように
思うけど、個人的にはオススメです。
ターセム監督の映像は相変わらず耽美で美しい(^_^)
架空の物語のスケールの大きさ、ロケ地の多様さ、
心が優しいものに触れるようなストーリーと、難しいことを
考えずに映画の中に沈み込める一本ではないでしょうか。。。

それにしても、かっとまりの無い絵だなぁ・・・(v_v;)



<・・・ 
  運河のほとり
  船は眠り、
 さすらいの旅の想いをのせながら、
  お前の望みに
  つくすために
 船は来る、遠くこの世の極みから。

 (ボードレール)

PageTop

1012

flier002.jpg

地元のスポーツクラブでジャズダンスを習っているのだけれど、
もうすぐフェスタがあって、ジャズダンスのクラスでも
出し物をします。

そのため先月から土日祝日と練習の日々ですが、
練習やリハーサルを撮った映像を見ては凹む日々でもあり。。。
慢性的な筋肉痛にもなっていて、フェスタが終わる前から
温泉に入りたーい!という情けなさ☆

でも皆で練習するのは楽しいし、舞台が成功すると
いいなぁと切実に思います(^_^)

(画像はフライヤーですが、一応個人情報のため
先生の名前にはモザイクがかかっておりますのであしからず。。。)

PageTop

日々のこと

face001 のコピー


暦の上では秋でも、実際はなかなか涼しくならない。
しかし、毎年のように9月に入ると母親が

「まだ暑いけれど空が高くなったね。」

と言うので、それを聞いて「秋になったかー」と思うのが
恒例になっていた。

けれども今年は9月に随分雨が続き、気が付けばもう10月。
このまま肌寒くなってしまうのは少し寂しいのだけれど・・・



(絵は、CHANELかどこかのブランドの、広告写真のモデルさんが
 気に入って参考にしたのですが、ちょっと意地悪そうに
 なってしまいました。。。
 サーカスの玉乗りか踊り子か、はたまた空中ブランコか・・・☆)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。